世界史の偏差値を50から60するための

ロードマップはこちらから!

 

動画版はこちら!(珍しく顔出ししてます。肌の調子が良かったもので、顔も写しました笑。

あと、時々間違えられるのですが、私は女性です。お見知りおきを。)

 

とても長いので1.5~2.0倍速でご覧下さい。文書版で語ってないことをちょっとペラペラ喋ってたりするので、動画の方が実はおすすめです。

 

 

 

 

文書版はこちら!

 

「世界史の偏差値を上げるための道順」

 

はじめまして

 

 

ケイトと申します。

 

勇気を出して、ダウンロードありがとうございます。

 

私は「受験世界史研究所KATE」というブログを運営している、立命館大学の2回生です。
(編入試験に合格したので、2021年4月からは京都大学の3回生です。)

 

 

 

 

このメルマガは
「勉強していても思うように成績が上がらず悩み苦しむ受験生が、偏差値を50→60に上げる道順」を示すために発行していきます。

 

 

 

偏差値60というのは、上位国公立、関関同立、MARCHレベルが狙えるレベルです。
このレベルだと、共通テストは8割ほど取れるようになってきます。

 

 

また、本気で偏差値を上げたい方向けに世界史の有料教材を用意しています。

 

 

これから1週間は、無料で「世界史の偏差値を上げるための道順」として勉強法を示していきますが、

 

ただ、「世界史の偏差値60到達」まで、どのように勉強していけばいいのかというのは、
お一人おひとりの志望校や、勉強量、集中力によって到達レベルも異なります。

 

 

 

 

 

そのため、より実践的な内容を学ばれたい方向けの有料教材もご紹介していくので
偏差値を絶対に上げたいという方はぜひ興味があればご購入ください

 

 

さて、なぜこのような情報発信をしているのか気になっていることだろうと思います

 

 

 

それは、私自身、「勉強法」を知ることで、
超短期間で世界史の偏差値を約10あげる
ことに成功したからです

 

 

 

私の世界史の偏差値は55とかその辺でした。

 

 

といっても、
高1の時から、
週6日練習があるハードなハンドボール部に所属しながら、
2つの塾に通って遊ぶこともなく吐くほど勉強していましたし、
受験生時代は毎日10時間は受験勉強をしてました。

 

 

 

しかしながら、世界史を含め、全くと言って良いほど成績は伸びなかったのです。

 

 

 

どれだけやっても伸びない

そうかといって勉強時間を増やしても成績が伸びずにまた苦しい

模試では全く結果が出ず第一志望の京大はE判定

泣きそうでした。

 

 

 

ストーリー勉強法が私の成績を55→65に

 

 

しかし高3の9月、私の受験生活を変える「勉強法」と出会います。

 

 

 

その動画は、
「世界史は、「ストーリー」を理解することが肝。」
「世界史の「ストーリー」は、数学で言う公式のようなもの」
ということを教えてくれたのです。

 

 

 

 

どういうことかというと、
数学は、1問1問式や答えを暗記しても、公式を使えなければ、試験で問題が解けません。
試験でまったく同じ問題は出ないからです。

 

 

 

それと同じで、世界史も、用語や年号ばかり暗記しても、一問一答問題くらいしか解けず、
論述やヨコの歴史問題が解けないので、まったく点が稼げません。

 

 

世界史は「ストーリー」が基になっていて、切り取られた1部分が問題になっているからです。

 

 

 

例えば、「桃太郎」という物語があります。

 


そして、この桃太郎が試験範囲だったとします。

 

 

 

 

 

この時あなたは、

 

用語ばっかり覚えますか?

 

 

それとも桃太郎の「お話」を理解して覚えますか?

 

 

 

恐らく、「お話」を覚えるでしょう。その方が点が取れるからです。

 

 

 

しかし、世界史になると、みんな血眼になって用語や年号を覚え出すのです。

 

 

これっておかしいですよね。

 

 

 

このように「ストーリー」を理解して覚えることが重要だと気づいた私は、
今までの用語や年号をやみくもに覚えたり、
何も考えずに教科書を音読するような勉強法を見直しました。

 

 

 

 

そして、「ストーリー」の理解を軸とした勉強法に切り替えたのです。

 

 

するとなんてことでしょう。

 

 

毎日の勉強が捗るようになり、一問一答の問題集はスラスラ解けるようになっていきました。
おまけに自信もついていきます。

 

 

 

すると秋の模試で世界史はマーク9割
記述偏差値65という結果が出ました。

 

残念ながら、第一志望の京都大学には落ち、
現役志望だったので、滑り止めに受けた立命館大学国際関係学部に進学しました。

 

 

 

 

非常に悔しかったです。
なんとかリベンジしたい。
再チャレンジしたいと思いました。

 

 

すべては勉強法で決まる

 

 

そんな時、京都大学には、法学部に三年生から入ることができる編入制度があることを、友人が教えてくれました。試験は大学2年生の秋にあります。

 

 

 

 

そこで私は大学1年生の春から、「編入試験に合格すること」を目標とし、
これまでに身に付けた勉強法を応用しながら、京大に入るために努力を続けました。

 

 

 

 

何回か心が折れたし、しんどかったですが、2020秋、京大の3年次編入試験を無事に終えました。

 

 

 

そして12月になって結果がでました。

 

 

それは「合格」の2文字でした。

 

 

 

少し話が逸れてしまいましたが、
ここまで分かるとおり、
私でも偏差値を1ヶ月で10上げることができたのは、
「勉強法」のおかげです。

 

 

 

編入試験に合格したのも、「勉強法」のおかげです。

 

 

 

「「勉強法」がすべて」と行っても過言ではないかもしれません。

 

 

 

 

「勉強法」のパワーは私だけ留まりません。

 

 

 

過去に指導させて頂いた、早稲田大学志望の受験生は
何から手をつければいいか分からない状態から、
「勉強法」を知ったことで迷いなく勉強できるようになり、
共通テストの模試で8割ほど取れるようになりました。

偏差値は54→62と飛躍しました。

 

 

 

「勉強法」で大きく変わるのです。

 

 

 

 

世界史の偏差値が上がると、世界史は得意科目となり、
辛い受験勉強も楽しくなります。

 

 

 

 

さて、明日からは、毎日19時に、世界史の偏差値を50から60するためのヒントをお伝えしていきます

 

PS

 

 

     「世界史の偏差値を50から60するためのロードマップ」

          ↓【特典付き】アウトプットはこちらから↓

 

 

すぐにアウトプットしてプレミアム記事を読む!

 

 

 

 

ロードマップを見た感想などをアウトプットしていただくと、実際に偏差値54→62に爆上げしたMさんとのやりとりをまとめたプレミアム記事を読むことができます

 

 

 

プレミアム記事を読むと、、、、

 

・どれくらい、どういうペースで勉強したら偏差値8アップを達成できるのかが分かります

・自分の偏差値も分からない状態だったMさんが実際に偏差値を爆上げしたということを知ることで、あなたにも十分可能性があることを実感できます

 

 

また、すぐにアウトプットする癖がつくことで、勉強の時もアウトプットできるようになり、偏差値が上がりやすくなります。

 

実際、成績の良い人はすぐにアウトプットします。

 

あなたもぜひ「成績の良い人」に仲間入りしてみて下さい。

 

すぐにアウトプットしてプレミアム記事を読む!